Doorkeeper

SW挑戦後の振り返り(横浜)

2016-12-17(土)15:00 - 17:30 JST

情報科学専門学校 1階教室

横浜市神奈川区鶴屋町2-17 相鉄岩崎学園ビル

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
SW挑戦を無駄にせず、次に繋げたいあなたへ

詳細

【挑戦を次に繋げたいあなたへ】
StartupWeekend(SW)へ挑戦されたあなたに、54時間を振り返る機会のご案内をさせていただきます。

SWの怒涛の54時間を経て、
・何が成功要因だったのか
・何が失敗要因だったのか
・前後で何が変わったのか
・次に繋げられているのか
等々、振り返ることはできているでしょうか?
参加された方にヒアリングを重ねたところ、落ち着いて、時間を取って、振り返ることが出来ていないとの声を多々いただきました。

そこで今回、SWの挑戦を次に繋げる機会として、「SW挑戦後の振り返り」をご用意いたしました。本会では話し合いの手法である「ダイアログ」を用い、54時間を振り返ると共に、今後のアクションを探求します。

この機会を通じて得られるものに関しては、過去参加者の声をご参考ください。

[過去参加者の声(一部抜粋)]

・三日間の経験を次にどう活かすか、明確にすることができました!(SWT Foods参加者)
・どうして自分がSWに惹かれたのか、その理由に気付けたことが一番の収穫です。(SWT 東工大参加者)
・他の会に参加された方と話すことで、新しい視点から三日間を捉え直せました。(SWT Woman参加者)
・この場でもらった出会いとモチベーション、必ず次に繋げていきます。(SWT Education参加者)
・自分に開けているチャンスに気付け嬉しいです。(SWT IoT参加者)

企画詳細

<日時>
2016年12月17日(土)15:00~17:30

<対象者>
2016年に1回以上、Startup Weekendに3日間チケットで参加した方

<締切>
備品やセッションの関係上、参加上限は15名です。また、4名以上のお申し込みが無い場合は開催取り止めとなります。(※ダイアログの手法を用いるため、こちらご了承の上、お申し込みください。)


最後に
「人間関係の質が高まると、会話や対話を通してアイデアが生まれ、それに伴って行動の質が高まり、結果の質につながる。」
[マサチューセッツ大学教授ダニエル・キム]

自身の経験、気付き、学びを対話で描き出し、仲間と共有する機会です。本会を通じて、あなたの更なる活躍に貢献できれば幸いです。ご参加、心よりお待ちしています。

コミュニティについて

Startup Weekend Yokohama

Startup Weekend Yokohama

Startup Weekend Yokohama(横浜)コミュニティです。 Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、世界中で数十万人が参加しているスタートアップ体験の名前であり、金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらプロトタイプを作り仮説検証を回し続けます。そして挑戦する人達が集い、支援するコミュニティの名前でもあります。 NO Talk, A...

メンバーになる